10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

重慶での日々(2)。

DSC_1686.jpg
DSC_1639.jpg
DSC_1711.jpg
DSC_1720.jpg
DSC_1691.jpg
DSC_1700.jpg
DSC_1585.jpg
DSC_1657 - コピー
DSC_1588.jpg
DSC_1772.jpg
DSC_1839.jpg
DSC_1652.jpg
写真はもう バラバラです。
まとまりが ないのですが あちらの日常を
少しは紹介できたかな?と、
思います。
料理は激辛や 薬膳 などのようですね。
あ~こんなに良くしてもらうと 娘もまた行きたいようですし、
ママもショッチュウ帰りたいようですし・・
大変だ~ 私は・・。。。

写真(ソニーエクスぺリア)はママがスマホで撮ってきたものですが 写りがいいですね。
普通の写真ならこれで十分です。驚きですね。

スポンサーサイト

重慶での日々(1)。

今年の中国の旧正月に 母子で帰った時に、
ママがスマホで写真を撮っていたものをUPします。
今の中国(重慶)の一端を ママの親戚や、友人を通じて
ご覧ください。
DSC_1532 - コピー
早朝に関空出発です。
去年から就航のLCC直行便です。
DSC_1561 - コピーDSC_1553 - コピー
DSC_1544.jpg
DSC_1571.jpg
DSC_1822.jpg
DSC_1825.jpg

義弟には いっぱい可愛がってもらいました。
DSC_1546 - コピー
DSC_1813.jpg
DSC_1789.jpg
DSC_1796.jpg
DSC_1651.jpg
うちでは こんな贅沢はできないから 思いっきり
甘えてこ~~い!!

重慶での 娘の様子です。

 IMG_1256.jpg
今回 ママと娘が 重慶に帰って、
それらの日々を ブログにUPしたいと 思っていたのですが、
写真を ほとんど撮ってきていないのですよ。
スマホの方に まだ写真があるようなのですが・・
私はスマホから パソコンに写真を入れたことがないので・・
一応 USBのコードは買いました。
努力してみます(私が一緒に行っていたら撮りまくるのですがね~)
[広告] VPS

この動画は 重慶近郊の山村に行ったときのものです。
バックの山などを見ますと かなり高所にあるようですね。
このあたりの畑を義弟が買ったようです。
果樹を育てるのだそうです。
そして大根は 私の娘が来るのに合わせて 苗を植えておいてくれたのです。
おかげで娘も初めて 大根を引っこ抜くことを体験しました。

そして、公園での様子です。
IMG_1249.jpg
            IMG_1250.jpg
IMG_1251.jpg
            IMG_1247.jpg
    写真はママの撮影です。

飛び立ちました。

午前4時に起きて 5時出発。
6時前の関西国際空港につくころに、ようやく明るくなりました。
空港バスで行くつもりだったのですが 始発でも間に合わないので、
車で。。
去年から就航した 重慶直行便、格安航空 春秋航空を利用しました。
今年もバタバタと やらかしました。
受託手荷物が15キロ、機内持ち込み手荷物が7キロと書いてあったので、
合計1人、22キロまでOKだと思っていたら、なんと、すべて合わせて15キロと、
きついお言葉。
超過料金が なんと1キロ当たり3000円以上(たしか3800円か、3200円か?)
合計7万円以上のお金を払えって。
運賃が母子 2人で往復74840円なのに、20キロくらいのオーバーで・・ビックリ。
とにかく重い物を私が持ち帰ってEMSで送る事に。
それでも まだ超過料金18000円を払っていたようです。
いゃ~もう いっぱいの荷物を持ち帰るから・・
去年までの航空会社なら、少しくらいの超過は大目にみてくれていましたが・・
となりの人は1キロ超過で3000円以上徴収されていましたね。

ま~良く見れば 合わせて15キロと書いてありましたね。
でも、機内持ち込みは7キロと書いてありますよ(14日現在)
カウンターでは これも5キロと言われましたがね~。
このへんに カラクリがあるような?

それでも直行便ができたことは 便利ですから 嬉しいですが・・
上手に利用しないとね。

6時過ぎにチェックインカウンターに行った時には、もうたくさんの
乗客の列が。。
ほとんどが中国人の団体客でしたね。

無事に帰ってきてくれ。

中国記 お付き合い?ありがとうございました。

今回の重慶訪問を振り返ってみます。
実は、私はこの時期に 中国に行きたくありませんでした。
そりゃぁ、反日、反中、報道ばかりでしたからね。
娘にも「中国に行ったら、日本語で あまりしゃべれないかもしれない」
「小さな声で話をしょうな」と、言って日本を出発したのでした。
ところが重慶に着いたら 予想外に 多くの日本車が走っているのに
驚きましたよ。
「これは市民レベルでは、反日は強くないぞ」と、
思ったのが 第一印象でした。

今回 気付いたことを 書いてみますね。
とにかく綺麗な車が増えています。
私が見た感じでは、ドイツ、日本、アメリカ、韓国、フランス、
の順でしょうか?
電気製品では 韓国の勢いを感じます(て、言うか、完全に取って替わっていますね)
観光地でのカメラでは、以前は見られなかった
一眼レフを持った人を 何人も見ましたね。
キャノンがほとんどで、ニコンとソニーも少し。。
他は日本と同じように スマホや、タブレットで写真を撮る人が
ほとんどですね。

そしてね~韓国が日本を必要としていないのが 分かりますね~。
日本では まったく売れない自動車、たくさん走っていますからね~。
電気製品も買ってくれるし。。
これはアメリカもですね~。
日本では ほとんど売れないアメ車も 多く見ますし、
農産品や、飛行機も買ってくれるわけですから。。
そして、ドイツも、フランスも。。
ほんとに、経済的な結びつきが強くなっているのが
分かります。
これは、8年前、6年前に行った時には感じなかったことです。

そして、中間層の広がり、層の厚さが増しているのも実感します。

日本では「中国は崩壊する」ということが、絶えず言われていますが、
私が最初に この手の本を見たのが90年代初めの頃ですよ。
「95年に中国は崩壊する、98年に、2000年に」と、
このころ3冊くらい買ったような記憶がありますね。
それから20年以上、ですね。
その間スゴイスピードで発展してきていますよね。

私は中国から帰国するたびに、日本の活気が無くなっていくのを
感じて 心配なのですが。。

今、中国を動かしている人達は、文化大革命を経験してきた人たちですよね。
私の嫁も あまり話したがりませんが経験しています。
お爺ちゃんは 地位や家財産を 奪われ、
そして、嫁は父方のお婆ちゃんに、妹は母方のお婆ちゃんに、
幼児期から中学位まで育てられたようですよ。
一番親の愛情が、家庭の温もりが必要な時ですよ。
それが、人間形成にどれほどの影響を与えるか?
それが、国単位ですから。。

でも、今の子供たちは普通に育ってきた人たちです。
嫁がビックリしていました。
若い子の 「日本への関心度が高すぎる」と、
アニメやファッションなどで興味が沸くようです。
観光地なども良く知っていて、働いたらお金を貯めて、
「絶対に日本へ観光に行く」と言う子なども。。
先は長いですが、新世代に期待したいと思います です。

長々とお付き合い ありがとうございました。
これで中国記終わりにします。

プロフィール

GGgohan

Author:GGgohan
振り返ってみれば、
いつも人とは違う人生を、
歩んできたようです。

営業時間   
午後5時30分ー午後9時
土、日、祝、休業させていただきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR