10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

老いることを受けとめたくないけど・・・。

足の痛みは少し治まってきたようです。
ただ、無理は出来ませんね。
ゆっくりと 歩くように心がけないと・・・
数年前に痛くなったときは 炎症を起こしていて
(このときからジョギングができなくなりました)
薬を飲んで炎症が止まっても
軟骨は再生しないからと・・・
手術を勧められましたが。。
私の周りで 股関節の手術をして
手術前より良くなった人を見たことが無いので
できる限り手術はしたくない(私の父を含めて)。
ま~老いの階段を 一段一段降りていく 悲しいけれど
当たり前のことと 受け入れましょう。
転げ落ちないようにしないとね~~

拍コメAさん いつもコメントありがとうございます
痛くなったら グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、
などの入った薬を飲むことで 前回は治まりました。
今回も飲んでみます。
スポンサーサイト

日本の医療。

中国からお客さんを迎えておりました。

妻の妹夫婦の友人で
難病の マルファン症候群 という病気の人がいて
これまでに重慶と北京で 大きな心臓の手術を2回しているそうです。
ある先生に「3度目の手術を 直ぐにする必要がある」と
言われて、本人は大きな不安を抱えて困っているので、
「日本の病院で診てもらえないか?」と相談が・・・

どうしたものか?と 探していたら
普段 お世話になっている方のお父さんが
そういう関係のお仕事をしておられるそうなので、
相談に乗っていただきました。
医療ツーリズム というのがあるのですね。
専門家にお任せできるといいのですが
一週間で 医療通訳や ホテル代なども含めると
軽く100万円は超えてしまうので 厳しいと・・・

我が家に泊って 大阪の病院で何とかならないものかと・・・
ダメもとで国立循環器病研究センターに問い合わせると
診て頂けるようです。
お世話になっていただいている方の(お母様)からも
詳しく聞いていただいて
中国の病院の カルテやレントゲン写真などと通訳なども必要など・・・
そして良い医療通訳さんの紹介もしていただきました。

土曜の夜に来日
写真は 日曜に奈良に案内した時のものです。
  069 - コピー

      064.jpg

        065.jpg
彼と話してみて 穏やかで 謙虚で 中国人のイメージが覆されました。
妻や娘が言うには 「オバマ大統領に似ている」

月曜日に病院に行き しっかりした通訳さんについて頂いたので
妻と通訳さんに任せて 私は先に帰りました。
そして帰ってきて 驚きました。
10時から16時までの間にCT検査などもすべてしていただいて
先生から分かりやすく納得がいくように説明を受けてきたようです。
結果は今すぐに手術はしなくていい、
大動脈基部が5センチ以上に拡大したら 手術が必要とのこと。
70歳くらいまで手術ができる。1年に1回の診察を受けることなど。
私は2週間のビザ期間中に収まるのか?
心配していましたが・・みんなビックリです。
この日は雨模様で患者さんが少なかったり
先生に手術など予定が無かったことなどの幸運が重なったからだと思います。
そして患者本人の人徳があったからかもしれません。

水曜日の午前5時には我が家を出ました。
これも私が空港まで車で送るつもりだったのですが
迷惑はかけられないと固く断られました。
初めてMKタクシーを予約したのですが
今は空港までだと定額料金を利用できるのですね。
1万2千円弱で行けると・・(私が20年くらい前利用した時は2万3千円)
そして迎えに来た車はピカピカの黒の大型ミニバン・・ハイヤーじゃん。

本当に良かった。。3度目の心臓手術となると命の危険性が増しますからね。
日本の医療、サービスの素晴らしさを実感して、感謝して、
無事、家族の待つ重慶に帰国しました。

今回のことは嫁が頑張りました。
そして、たくさんの方のお世話になって すべてが上手くいきました。
本当にありがとうございました。

   077.jpg
鹿が ゴツン ゴツンと 激しいケンカ、角があったら 大変なことになりそうでした。

体調管理ヤバイ^^;。

先日 娘の七五三での写真を撮りに行く日の朝
食事をした後 パッと飛び散るような鼻血が出ました。
ティッシュを詰めて 止まったので
そのまま 車でスタジオアリスに行きました。
受付を済ませた途端に また鼻血。
娘が衣装を着ている間に止まったので
先に家族の写真を撮ってもらって
私は休むことにしました。

ま~たくさんの人で ごった返していましたね。
「こりゃあ~予約の取りすぎやろ」と思いましたが
あちらも稼ぎ時だし しかたがないか。
それに女性カメラマンが高い声を張り上げて
全身を使って飛び跳ねていましたから・・
プロ意識の高さに脱帽ですよ。
一時間半くらいを予定していたのが なんと四時間
かかりました。

家に帰って血圧を計ったら 上が178 下が104
これまでの最高血圧でした。
鼻血が出た時はもっと上がっていたと思われます。
この1~2年は 150くらいにはなっていたのですが
薬を飲むのがいやなので 抵抗しておりました。
しかし、しかし、覚悟を決めました。
医者に行ってきました。
薬を飲み始めております。

でも基本は生活習慣を見直すことですよね。
なんとか せねば・・。

「おとうさん 死んでない?」

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術をしました。
お腹に三つの穴を開けて、お腹の内側から
ネットを貼りつけるものです。
(腹腔鏡手術)
全身麻酔から覚めた時
「今から手術するの?」が、
私の第一声でした。
それほど 何も分からない間に手術が
終わるものなのですね。

手術が終わって、先生の説明を聞き終えて(母娘)
先生が部屋を出ようとした時、
娘が「おとうさん死んでない?」と言ったそうです。
先生は笑いながら部屋を出られたようですよ。
5歳なりに心配してくれていたようで、
嬉しかったですよ。

IMG_1832.jpg

その後は やはり 体を動かすたびに痛みがありました。
そして 3日後くらいに痙攣のような症状が。。
これが怖かったですね。
後遺症として残ったらどうしょうと不安でしたが、
歩いたり 体を動かすことによって、
徐々に治まってきました。

今は、チクッ チクッ とした痛みを少し感じる時もある
そんな感じです。
痛み止めの薬も飲まずにすみましたよ。

そして、病院の食事も常食だったから、
とても美味しくいただきました(院内にレストランもあるんですよ)
鰻丼や、ラーメンも出てきましたね~。
老後は病院食でお願いしたいものですよ。

すれちがう 深夜の廊下 生き活きと 看護師さんと 笑顔でガンバ

タイトルは
川柳 でも 俳句でも
なんでも ありませんよ。
難しいことは分かりませんので、
チョット ラクガキ ですからね~。

皆さまには 温かいお言葉を
たくさん いただきまして
ほんとうにありがとうございました。

より 精進してまいります.


お腹の痛みは ほとんど無くなりましたが
まだ重い物を持つことがダメなのと
この1ヵ月以上有酸素運動もできてませんので
体力回復にもう少し 時間を
いただくつもりです。

皆さまのブログにも また お邪魔させていただきます。

プロフィール

GGgohan

Author:GGgohan
振り返ってみれば、
いつも人とは違う人生を、
歩んできたようです。

営業時間   
午後5時30分ー午後9時
土、日、祝、休業させていただきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR